キャッシング申し込み指南書

初めてのキャッシング申し込みは不安がいっぱい!簡単解説

銀行のカードローンと消費者金融の違いは?

2016年09月07日 11時27分

キャッシングをする時は銀行のカードローンか消費者金融を利用する事になりますが、初めて利用する人は違いというものがよく分からないという人も多い事でしょう。そのため銀行のカードローンと消費者金融の違いを見ていく事にしましょう。


銀行のカードローンと消費者金融の違いはまず総量規制の対象の有無が挙げられます。総量規制とは収入に見合った借入をしてしっかり返済出来るように年収の3分の1以上借り入れが出来ないという規制です。消費者金融は総量規制の対象になっていますが、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。

そのため収入の少ない人は消費者金融で多額の借り入れをする事が出来ないので銀行のカードローンを利用する形になります。しかし銀行のカードローンも借入希望額が年収に見合っていないと審査が否決されてしまう事が多いので年収に見合った借入をしましょうという事になります。

銀行のカードローンと消費者金融では金利と融資スピードも大きく異なってきます。銀行のカードローンは金利が低く設定されていますが、審査が厳しめなので融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いです。消費者金融は即日融資に対応しているので申し込んだ日に借り入れが可能ですが、金利が高く設定されているので可算される利息は多くなってしまいます。そのため金利と融資スピードのどちらを優先するかで選んでいくといいでしょう。